Our Story

自然災害、テロ、政治対立、経済不安、貧困問題。どんどん世界は尖がっていき、手触りはますますざらついてきていないか?

私たち日本人は二度の大戦の後、急速な回復と発展を果たし、世界に例を見ない経済成長とそれに伴う豊かな生活を享受してきた。

が、その後のバブル崩壊とそれに続く失われた20年と呼ばれる経済の停滞と政治の混乱や教育問題。そして地震などのいくつもの自然災害。

このざらついた世界をもう少し『ゆるく』生きてみるのはどうだろうか。

 

日本人は米とともに生きてきた。戦のときも宴のときも。

日本人にとって米は重要だ。なぜだろう、一粒でも残すとものすごく悪いことをしたような気分になる。目上の人たちからも怒られた。毎日食べないと落ち着かない。なのにある種の緊張感を強いられる。

 

いま『きちんとゆるく』をテーマに肩ひじ張らないけれど程よく緊張感のある服作りをしよう。

あるとほっとする。あると頑張れる。そしてどんな食材との相性も良く、かつ引きたててくれる。そんな白飯のような男に私たちはなれないだろうか?この尖った世界で必要とされているのはそんな男たちなのだから。

着るものを変えれば行動が変わり、行動が変われば人間が変わる。そんな服を私たちは作ってみたいと思い、全てを日本で作るブランドを立ち上げることにした。